アイスマン・エッツィはアインコーンを食べていた

紀元前3000年頃、新石器時代後期、チロルのアイスマンがいた時代、アイスマン・エッツィはイタリアアルプスで殺され、氷河の中に凍ったまま保存されました。彼の腸の中身を調べると、植物、鹿、アイベックスの肉と共に、アインコーンで作られた種なしの平たい円形パンが部分的に消化され残っていました。

彼が住んでいた場所は、花粉、歯の構成、ガルダ湖地域産の火打石、ポー平原のレメデッロ文化のものとして知られる形状の斧などの分析の結果、アルプス山脈の南方と分かっています。ヴェノスタ渓谷に住んでいたタミンス-カラッソ-イゼーラ アルプス山脈文化5グループの一員であった可能性があります。

エッツィが発見されたのは1991年。左肩に深い傷があり、矢の先が刺さったまま見つかりました。出血多量で亡くなり、その後、氷河の中で5000年ほど埋もれていたことになります。

現在エッツィは、イタリア・トレンティーノ=アルト・アディジェ州ボルツァーノにあるボルツァーノ県立考古学博物館に1998年以来、展示されています。

引用元)Ötzi

参照)Einkorn Wheat Bread: Ötzi the Iceman’s Last Meal

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です