アインコーンの呼び方は様々

栽培型のTriticum monococcumはドイツ語でEinkorn(アインコーン)として知られています。

アインコーンは小麦の原種であり、ヨーロッパ周辺地域では、それぞれのアインコーンの呼び方があります。

イタリア語ーSmall spelt、Farro piccolo、Enkir
フランス語ーEngrain、Le petit épautre
ギリシャ語ーTiphe
トルコ語ーSiyez
ヘブライ語ーSifon

それぞれの呼び方はアインコーンの歴史とも関係しています。歴史において多くの文化、地域で食され、エッツィからも見つかりました。

上記、イタリア語にある通り、アインコーン=スペルトと勘違いする方が多いのも納得です。Farroはイタリア語でエンマーと暗黙に認知しているところもあります。現在ではFarroはしっかりと3種類に分類され、そのうちの一つがアインコーンです。

他の言語でもアインコーンの呼び方があれば是非教えてください。

参照)Other Names for Einkorn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です